2013/1/16

熱田神宮「歩射神時」

1月16日

昨日、熱田神宮で毎年1月15日に今年の豊作と除災を祈る「歩射神時」と言う行事があったので見に行って来ました。
16メートル先の大的の中央に付いた「千木(ちぎ)」と呼ぶ木片に向かって36本の矢を2人一組で1本ずつ慎重に放つ、千木に何本当るかによって・・・・
千木や大的は魔よけのお守りに成るとされるので最後の矢が放たれると参拝者たちが猛然と駆け寄りもみくちゃになって奪い会う。
CBC・中京等のテレビ局も来ていてカメラを回していました、特に今年は4人の猛者が千木を奪い合い中々決着が付かないので警備員が仲裁に入るかたちで1つの千木を4等分する事になりました。後からテレビのニュースで見たところ黒い服をきた人の物ですね、(この人は一番下にいました)私達は危険ですので後からゆっくりと行って回りに落ちている破片を拾って来ました。

大的
大的
千木を奪い中
千木を奪い中
拾った的の破片
拾った的の破片

ホームへ先頭へ前へ戻る