2009/7/23

驕らない!

7月23日(木)

高校時代から「世紀の逸材」と評価された、
<BR>桜ヶ丘高校出身:プロ競輪選手-深谷知広選手
高校時代から「世紀の逸材」と評価された、
桜ヶ丘高校出身:プロ競輪選手-深谷知広選手

7月22日A級チャレンジ予選、2位以下にぶっちぎりの大差をつけ、デビュー戦を飾った。誰もが見ほれるレースだった。残り600mで7番手、ここから一気に加速するとわずか200mでトップにたつ。差はぐんぐん広がり、ベテランを一瞬も寄せ付けず、FINISH。最後の200mは、11秒4(時速63㌔) 。レース後のインタビューで、自己採点は、「80点」。-20点は「予想以上に緊張してしまった分」。と、冷静な口調で語り、厳しい顔で引き上げたという。 決して思い上がることはなく、驕らないのは、彼の目指しているものが、まだまだ先にあるからなんだろうと思いました。将来、 強くなる選手だなと感じました。
自分は少し驕っていたと思います。


今日は、 ”食べ処 味希” で会社の部の懇親会でした。課を代表して出席です。何で自分?当然、実費です。20:00時に終わり、30分jogの後21:00〜22:00まで、パシフィッククラブでスイムマスターズに参加しました。実に10ヶ月ぶりです。ここは、会社が法人会員になっているため、200円で利用できます。安いので、いつもここを使ってもいいのでが、時間帯が合わないのと、ジュニアの選手育成に力をいれているため、20:30までは泳ぎにくいということで、最近ではほとんど利                             用していませんでした。これからは、このマスターズには、お世話になろうと考えています。21:00からというのが、ちょっと難点なんですがね。

ホームへ先頭へ前へ戻る