2009/9/29

助けられたというか、救われました。

9月29日(火)

今日は、仕事が休みだったので、トレーニングを丁寧に行いました。いつも丁寧ですけどね。でも今日は、「ちょ〜っと、ちょ〜っと、よりもっと」って感じです。こんなフレーズのピアノのCMにありましたよね。違いましたっけ?

そんなわけで、今日は夕方帰りに整骨院によっていきました。開院前はならぶので、30分前に到着。既に数人が待機しています。               
以前、自分はかなり早くから待っていたにもかかわらず、後から来たおばさん軍団が、我が先にと先に来ていた方をしりぞけて診察券を置いていったんです。これには、 ” 腹が立ちました ”。ちょっと待ちーよって感じでした。
ところがです。今日は、何故かスタッフの方が、「ハイどうぞ〜」と言っても皆さん動きが遅く、一人のおばさんが先に入って、次に自分という具合になってしまいました。あれっ。2番目の位置に診察券置いていいものか、頭によぎりました。ところがです。先に入ったおばさんが、なんと5番目の位置に置いたんです。そうなんです。その方は、僕のすぐ後に来ていた方で、ちゃんと順番を数えていたんです。そのおばさんの診察券を見て、自分は4番目におくことができました。そして、早くから待っていたおじいさん達は、順番通り診療を受けることができました。
さて、このおばさんがいなかったら、自分はどうしていたでしょう?助けられたというか、救われた思いでした。

ホームへ先頭へ前へ戻る