2011/7/8

表も内も磨く

7月8日(金)”ひまわり”英治

「獨(ひとり)を慎む」

「立派な人物というものは自分独りでいる時、つまり他人が見ていない時でも己をしっかりと律していく」

萩田様より教えていただきました。

「出来ていない自分」を一番知っているのは自分です。
まだまだです。嫌なことは損得を基準に行動してしまいます。

独りの時間に何をしているか。自分を少しでも高めていくためにも、他人の見ていないところでも己を律し、より有意義な時間を重ねてゆきたいものです。


 

♯梅雨明け宣言されましたね

いよいよ夏本番です!!規則正しい生活で、愉しく夏を満喫しましょう!!

ホームへ先頭へ前へ戻る