2011/7/23

初ロング☆

2011.7.23

どーも、テツです。

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、7/17の皆生トライアスロンの参戦記を書きたいと思います。

今回は初のロングへの挑戦でした。 オフシーズンから頑張って練習をしてきてたのですが、ここ最近はしっかり走りこみができていなかったこともあり、かなり不安を抱いた状態が続いてました(^^;)
不安と緊張のせいか鳥取へ出発する前日には、めまいで立っていられないほどに・・・。自分の肝っ玉の小ささを痛感しました。

鳥取についても体調を崩したり、レースの日の朝には緊張でご飯も食べれず・・・と、スタートラインに立つまでの時間がとてもつらく、完走うんぬんより、スタートラインにたどりつけるのか??と自問自答でした。

しかし、谷監督、ひまわり師匠をはじめスクールの仲間たちが一緒だったことで、とても救われましたし、しっかり準備をして臨むことができました。感謝です!!

さて、ここからはレースのレポートです!!

7時、800人を超える鉄人たちが一斉にスイムスタートです。初ロングということもあり、自分は後方からのスタートにしました。というより一分が経過してから入水でした。賛否両論あると思いますが、無理はしないということで、バトル回避ですね(^^;)
おかげさまで、ウォーミングアップの気分で3kmを泳ぎきることができました(^^)v

そしてバイク145kmです。ここが一番不安だったとこです。聞いた話では永遠と峠が続くコースということ(--;)まだまだ峠が苦手な自分にとって、皆生の暑さ+峠に耐えれるのか??ずっと不安と恐怖だったことに挑戦です!! 前半から無理をせず、遅いかな??と思うくらいで走ります。すぐに、仲間でありライバルの伊藤選手にあっさり抜かれました(^^;)抜いていく時の笑顔が素敵でした。
峠に突入してからは、谷監督に教えていただいた体の使い方を意識してぺダリング。楽に進む感じです。峠はきつかったですが、ひまわり師匠と奥山コースへ行ったことを思い出し、自分なら行ける!!と強い気持ちを持ち、頑張りました。
70kmくらいにたどり着くと、先頭の選手とすれ違いです。な・なんと!!谷監督がぶっちぎりで走っていきます!!あまりの速さに「たにさ~ん!!」と呼んだ自分の声の「た」しか聞こえてなかったかもしれません・・・。
エイドステーションでしっかり給水し、水をかけてもらいながら、なんとか145kmを走り切ることができました。

さて、残るは42.195㎞のランです!!目標は5時間と考えていましたが、ここまできたら時間よりも確実に完走したい!! ゆっくりですが、歩かずに走る。そう意識しながら頑張りました。走り始めてすぐに、もうすぐゴールの谷監督とすれ違いです!! 「たにさ~ん!!」ぶっちぎりで独走する谷監督に大興奮の自分。「ゴールで待ってますね!!」と、すれ違いざまに声をかけてもらい、力をいただきました。その後も、ひまわり師匠やスクールの仲間たちとすれ違うたびに、元気をもらいました。とてもキツかったですが、嫁に完走した報告がしたい。ゴールで待っていてくれる仲間たちのところまで頑張りたい。なによりも皆生トライアスロンのスタッフ、ボランティア、応援の方々の心づかい、背中を押してくれる応援、「無事にゴールまで辿り着いてね」と初めて会う自分に対して心から完走を願ってくれる思いにこたえたい!! 暑さと疲労でくたくたの自分を、一歩ずつゴールへ近づけさせてくれました。
もう、日は沈み、20時を過ぎたころ・・・、ついにゴール会場に到着です!! 優勝を決めた谷監督、バイクであっさり自分を抜いていった伊藤選手、二人とがっちり手をつないで190kmを超える旅のゴールを迎えることができました。

初のロングを終え、達成感もすごかったですが、何よりも、大きな大会を支えるスタッフ、ボランティア、街の人たちの素晴らしさに感動でした。
きっと皆さんの支えがなければ、最後まで頑張ることはできなかったと思います。
そして、優勝した谷監督のもとで教えて頂ける環境にいれること、そこで得た仲間との出会い、素晴らしいものを得ました!!
今回、皆生トライアスロンに参加したことは自分にとって、大きな財産になったと思います。これからも感謝の気持ちを忘れずに頑張っていこうと思います。

皆生トライアスロンを支えてくださった方々、暑い中応援してくれた方々、一緒にレースを頑張った方々、往復約1000kmの道のりを一人で運転してくださった谷監督、皆さんに感謝です。
ありがとうございました!!

会場の下見に。
ついにゴール!!

ホームへ先頭へ前へ戻る