2013/8/20

ナイトステアレース2013

2013.8.20

どーも、テツです。

前回の特派員ニュースで紹介したステアレースに参加してきました(^^)

17日の18時からの開催でしたが、選手の受付や開会式などは16時から行われており、まだ暑さの厳しい中で競技が始まるのをドキドキしながら待っていました。

自分の所属する分団からはもう一人参加する予定でしたが、仕事が入ったとのことで当日の昼間に辞退すると連絡が・・・(´Д`)

まさかの一人での参戦となりましたが、分団長や副分団長、地元の先輩が応援として付き添ってくれたおかげで、とても心強かったです♪

受付を済ませ、競技会場となる動物園の展望台付近の選手控えのテントへ向かうと、ガッチリとした体格の消防職員の方がいっぱいいます。 他の消防団の選手の方々も結構ガタイがいい方ばかり・・・。

選手控えのテントにて
選手控えのテントにて

分かっていたつもりでも、ガチで体を鍛えている消防の方々を目の当たりにすると、これは勝てないかも・・・と弱気になってしまいます(^^;)

そういえば、初めてトライアスロンに出たときも、周りの選手に圧倒されていたな〜と懐かしい気持ちに。

のんびりしている時間もなく、すぐにコース説明や開会式が始まります。

競技会場の展望台
競技会場の展望台
担ぐホース
担ぐホース

レースで担ぐホースが用意されてびっくり(゚o゚;;

10mホースを2本分と聞いていたのですが、明らかにそれ以上ありそうです(;´д`) 実際に担いでみると先輩の子供より重たい・・・。 (大会翌日の新聞には16キロあったと書いてありました。)

18時になり、競技が始まります。 スタート時間は正確に1分ごとに選手がスタートしていきます。 気がつけば、ナイトガーデンの開園時間。 続々とお客さんが園内にあふれてきます。

大会の様子①
大会の様子①
大会の様子②
大会の様子②

受付から付き添ってくれた先輩以外にも、18時を過ぎると弟や消防の同期などたくさんの仲間が応援に来てくれました。 永遠のライバル・伊藤選手も仕事を調整していただき、スタート前に会いに来てくれました(*^_^*) 自分のためにたくさんの仲間が応援にかけつけてくれたことに、本当に嬉しい気持ちになりました。 

すでに競技を終えて展望台から降りてきた選手はぐったりして地べたに横たわっています(^^;) 消防職員ですら、ここまでダウンするくらいキツいのか・・・。

いよいよ自分の番です。5・4・3・2・1・スタート〜!!の合図に、仲間へ「行ってきまーす!!」と手を振って、重たいホースを担いで走り出します。
すぐに階段の登りが始まり、展望台内への下りの階段をかけおります。 展望台内を少し走って、すぐに非常階段をひたすら駆け上がります(; ̄O ̄)
階段で無理をするとすぐに足にきてしまうので、ペース配分を抑えて、一段とばしで走って登ることを心がけました。  いま自分が何段目まで来ているのかよく分からないうちにゴールの展望台への最後の階段になっちゃいました。 キツかったけど、自分のなかでリズムができてたので、足にくることなく最後まで行けちゃった感じです(*^_^*)

自分が終わった時点で、消防団員の部では2位と15秒差で暫定一位!! このあとに控える選手の結果が気になりましたが、そのまま逃げ切り2位とのタイム差も変わらず15秒差で優勝することができました(*^_^*)

ちなみに消防職員を含めると66名のエントリー中、6番目のタイムだったみたいです。消防職員の一位の方とは9秒差。 悔しいですが、消火活動や人命救助のために常にトレーニングをされている方たちと同じ競技をして、そこそこのタイムを出せたことに、自分も体力ある方なのかなと自信につながりました♪

※ そういえば、自分が防火服を着ている写真を撮ってもらうのを忘れました(´・_・`) 伊藤選手のブログに載っていましたので、どんな格好で走るか気になる方は見てみてください。

永遠のライバル・伊藤選手と
永遠のライバル・伊藤選手と

自分の人生で、このような大会で優勝するということは初めてだと思います。 優勝はもちろん嬉しかったのですが、そのことを自分のことのように喜んでくれる仲間たちに恵まれていることを改めて実感することができ、幸せな気持ちになりました(*^_^*)

賞状
賞状

大会の準備や運営をしてくださったスタッフの方々、ありがとうございました!!


ホームへ先頭へ前へ戻る